毎日更新課題は、ここ最近からスケール(音階)にフォーカスして課題を作っています(ダイアトニックコードスケール)。これまでとそれほど変わらないと思いますが、あらためてスケール、そしてコードを意識して演奏してみてください。

まずはダイアトニックコードスケールの一度から順に課題を挙げていきます。
ダイアトニックコードスケールは、

Ⅰ △7 →イオニアンスケール(Ionian scale)
Ⅱ m7 →ドリアンスケール (Dorian scale)
Ⅲ m7 →フリジアンスケール (Phrygian scale)
Ⅳ△7 →リディアンスケール (Lydian scale)
Ⅴ 7 →ミクソリディアンスケール (Mixolydian scale)
Ⅵ m7 →エオリアンスケール (Aeolian scale)
Ⅶ m7♭5 →ロクリアンスケール (Locrian scale )

です。それぞれの形などは理論書等参考になさってください。

フレットレストレーニングの一環としてのスケールトレーニングであり、ここでは使い方とかのお話はしません。わからない方はレッスンなどで~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です